Greetings

代表挨拶

「為せば成る、為さねば成らぬ何事も、成らぬは人の為さぬなりけり」

私には、三歳になる息子がおります。

私が起業を決めた際、家族の他に背中を押してくれたパートナーがおります。

そのパートナーとは、学生時代からの数少ない心友の一人であり、青春時代のほとんどを共に過ごしていたと思います。20代の前半、それぞれ仕事で別々の道へと進み、自然と連絡を絶つようになっていき気づけば10年以上の歳月が経過しておりました。とある小雨が降る休日、私は家族を連れて太田区にある区民プールへ初めて行きました。そこで同じく初めて訪れていた彼に偶然にも再会したのです。

十数年ぶりに見る彼が、楽しそうに子供と一緒にはしゃぎ、流れるプールを流れてきた光景はあまりにも衝撃的で今でも昨日の事のように思い出します。

知らぬ間にお互い所帯を持ち、一家の大黒柱として日々奮闘している姿を見てから空白の期間を埋めるまでにそう時間はかかりませんでした。現在は、ビジネスにおいても信頼を置くパートナーにも私の息子と同世代の息子と娘がおります。家族間での親交を深めていくうち、彼らの世代が成長し社会に出ていく際には、今よりもっと「人」と「人」が、今よりもっと「人」と「モノ」が繋がるより良い日本にし、彼らにバトンタッチする事が私たちの使命であると心に誓っております。

私はこれまでに、ベンチャー企業での営業職を経て出向先のアルコールメーカーへ。

代表者として責任ある立場で様々な経験をさせて頂きました。

元は酒類販売事業(商品開発/販売/物流)に始まり、就任後はWEBサイト制作事業(企画/マーケティング/ブランディング/デザイン)、映像制作事業(企画/制作/配信代行/機材レンタル)、各種イベント事業(企画/制作)、その他販売代理店業務と多くの業務に携わりました。これらで培った経験や実績、知識やたくさんの方々とのご縁こそが今の私が持っている「技術」の全てであります。これらの機会を頂き、どんなことに対しても強い意志を持って挑戦し続けることを教えてくれたのは、一緒に働く大切な仲間と支えてくれる家族、そして尊敬し目標とする偉大な経営者の方々がいたからです。感謝の気持ちを忘れることなく、技術を生かしもっと成長し続けるため、独立し起業する事を決意いたしました。

私たちは、関わる全てのお客様やその想いを形にするため「もっとできる」と挑戦し技術を生かし可能性を広げ「もっと考える」と真剣に向き合い、課題や問題点を理解し掘り下げ「もっと成長する」と社員一人一人が志を高く持ち、皆様と共に発展する未来へと邁進する事をお約束いたします。

代表取締役 石谷 正之